coffee

「古都から紡ぐ物語プロジェクト」

「えにーを読む」と銘打ってこのページではANYが考える「未来」と「古都から紡ぐ物語プロジェクト」についてお話していきたいと思います。

「感動」を生み出すこと。これはこの先いくらテクノロジーが発達しても、便利な世の中になっても「人」でなければできません。
これこそがANYの紡いでいきたい事。表現したい事です。
まだまだ荒削りなプロジェクトですが、関わってくれるあなたと少しづつ、丁寧に磨き上げながら大切な物語を紡いでいきます。

「物語を宇宙まで」

これからこの言葉をキーワードに「古都から紡ぐ物語プロジェクト」について少しづつお話していきます。
どうぞあなたの大切な時間を少しだけこのページを読む時間にわけてやってください。

11115

この数字は後ほど解説する内容の合計値です。あなたと新しい未来を創造する為に紡いだ数字でもあります。

未来をあなたと創造する。

このプロジェクトはANYとあなたが一緒になって新しい未来を創造していく仕組みをつくり、共に成長して共に未来を創る事が目的です。

ANYではただ美味しいコーヒーやフードを提供したり、宿を運営するだけでなくANYに関わってくれるあなたと「未来」を一緒に創造したいという想いがあります。
一人一人の力は微力だけどANYを介して少しづつみんなが繋がる事で大きな「未来」を創りたいと考えてます。

普通に最高の商品やサービスをお届けするだけじゃなく、その先の未来を一緒に見てみたいと思っています。

SEED TO CUPのその先を。
Beyond the Seed to Cup

コーヒーには「物語」があります。ANYが扱う「スペシャルティコーヒー」は品質が良いだけではなく、産地からあなたが飲むコーヒー1杯までがどうやってやってきたのかが明確です。
コーヒーも農作物です。作ってる人がいます。摘んでる人がいます。精製して麻袋に詰めてる人がいます。

たくさんの「人」を介して1杯のコーヒーになっているのです。
たくさんの「物語」を紡いできています。
ANYはここまで、はるばるやってきた物語を1杯のカップまでだけで終わらせたくありません。
さらなる先の未来を最高の1杯を飲み終わっても続いていけるようにしたいと思っています。

よくスペシャルティコーヒーの世界で使われる言葉に「サスティナビリティー」というのがあります。
「サスティナビリティー」とは
持続・継続性の事。いま様々な分野、世界で取り上げられています。そして考えられています。

高品質なコーヒーを作るのには手間がかかります。そこに対して相応の対価を支払う事。
そして継続的な取引を行う事が大切です。生産地の人々が健康に暮らせる事を考えサポートする事も持続性を考える上で大切な事です。
実際にエクスポーターやインポーター、ロースターは現地の人たちの生活を支援する為にライフラインの整備や病院の建設、教育にいたるまで様々な取り組みを行なっています。

こういったサポートのおかげで産地の人々の生活や暮らしが安定してより品質の良いコーヒーが私たちの元へとやってきます。
「物語」のあるコーヒーを選ぶコトは産地の人々のより良い暮らしをサポートしているコトにもなりますね。
野菜や果物、お米もそうです。そこに手間暇かけて育てている人がいます。
コーヒーもそうやって産地のコトを考えて選び、飲むコトでより楽しむコトができるんだと考えています。

まだみぬ未来を考えるきっかけを

先ほどもお伝えしたようにANYはSEED TO CUPの先をあなたと考えて創造していきたいと考えています。
これから多様な変化をしていく世界。より良い暮らしと明るい将来を創るコト。

医療、テクノロジー、宇宙開発、etc

新しい未来を創るモノは様々です。
私たちの暮らしはもっと良くなるはずです。
出来なかった事ができるようになる。治らなかった病気が治るようになる。いけなっか所にいけるようになる。
コーヒーには未来を創る見えないパワーがあると信じています。
1杯のコーヒーまでに詰まった物語を今度はあなたを含めた私たちの物語も乗せて未来へと紡いでいきたい。
ただオシャレで美味しいだけのコーヒー屋の時代はすぐに過ぎ去ります。
私たちには、やるべき事が、行動を起こすべきことがあるから。
新しい未来を創るのは他でもない私たち自身です。

コーヒー豆は世界を変える

ANYで取り扱うスペシャルティコーヒー豆の販売額から5%を私たちの未来へ投資していきます。

誰かがやるのを待ってるだけでなく未完成でも行動を起こすことに意義があります。
コーヒーは未来を創り世界を変えます。
1年目2019年と2020年の支援先は「せりか基金」です。
「せりか基金」は難病ALSを解決する為の治療研究費を集めています。
ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは、難病として指定されている、運動神経系が少しずつ障害をうけて使えなくなっていく病気です。
手、足、呼吸器に至るまで次第に自分の意思で動いていた体が言うことをきかなくなってきます。

日本には約9000人の患者がいます。謎が多く、治療法も、まだ見つかっていません。

この難病と私はなんの因果もありません。でもALSのことを知ってから何かできることはないかと考えていました。
私にとってALSはある意味、新鮮でより残酷なものでした。
この世界は宇宙からしたら平等でたわいもない世界のはずなのに、癌の他にも急に余命を告げられる人生を生きる人もいるのだと知って、自分が健康で平和に生きてられるのがとても有り難く思いました。
同時に私は事業をするのなら「未来を変える」ことをしなくてはと思いました。

ANYは奈良の小さな小さなコーヒー屋&宿です。
でもここからでも世界を見据えて未来を創っていけるはずだと思っています。

一緒に未来を創造しませんか?
一緒に考えませんか?

まだまだ未熟で未完成なプロジェクトですが関わってくれるあなたと一緒に成長していけたらと考えています。

今後はANYに関わってくれるあなたとも投資、支援先を決めていけたらと思います。
コーヒーは「人」がたくさん関わっているからこそ温かいのだと思います。
世界を変えるのに十分すぎるほどのパワーを持っています。

「物語を宇宙まで」

「古都から紡ぐ物語プロジェクト」の最終到達点は宇宙です。
遠いアフリカの大地で育まれたスペシャルティコーヒーが新しい未来を創り。そしてその物語をまた産地へ届けたいと思っています。
ただ届けるだけではなく、せっかくなら宇宙まで紡いで宇宙から未来への一筋の光として届けたい。
その光は現地の人、その友人や家族、特に子供達にとって新しい未来を考える希望の光になればいいなと思います。

一緒に感動を生み出す出来事を起こしましょう。
ばかげているくらいでっかい未来を創造しましょう。
そして世界中みんなで笑いあえたら最高です。

プロジェクト活動報告

2020.Jan.6:
2019年度分として¥11,000を「セリカ基金」へ支援させていただきました。少ない額ですがANYでコーヒー豆を買っていただいたあなたと紡いだ大きな意味のあるモノだとおもっています。ありがとうございます。尚今回「せりか基金グッズを購入」する形で行いました。購入したものはセリカ基金ラベルのペットボトルウォーターとステッカーです。宿に置いたり店頭に置いてさらなる認知にも繋がればと思っています。

- STAY AT ANY. START FROM ANY. -

  • ACCOMMODATION

    「地域から世界へ、世界から地域へ。」

    ベッド&ブレックファースト式の宿(Accommodation)です。 海外の方、日本の方にもっと様々な文化や伝統に触れる機会をつくってもらいたくて。'ANY'をその拠点にしてたくさんの刺激を見つけてください。日本の方も海外の方も新しい発見を見つけに来てください。

  • COFFEE

    「コーヒーの物語。あなたの物語。」

    1日1日があなたの大切な物語。 自家焙煎したスペシャルティコーヒーをコーヒーのもつ物語と一緒にご提供します。あなたが何気なく飲むコーヒーは世界と繋がってます。朝ごはんもしっかり食べてあなたの物語を今日も'ANY'からスタートしてください。

  • REEL

    「日常をより特別に」

    世界中から集めた「モノ」や「コト」をREELがお届けします。ジュエリーや洋服はもちろん、それらを創った作家さんやデザイナーさんのストーリーも添えて。REELを通してあなたの日常をより特別にする「ストーリー」に出会えますように。

  • 古都から紡ぐ物語プロジェクト

    「物語を宇宙まで」

    ANYはテクノロジーや宇宙事業、医療事業など新しい未来に社会貢献していきます。ANYに集まる全ての物語を未来へと紡いでいきます。私達一人ひとりの力は小さいですが「みんな」が集まれば大きな力になると信じています。その第一弾として毎コーヒーバッグの売上から5%を「セリカ基金」へ支援していきます。セリカ基金のページへ

  • ANYオンラインショップ

    「世界中でANYのコーヒーを」

    MADE IN NARA. オンラインでANYのコーヒーを世界中どこでも購入していただけますよ!
    たくさんの人にたくさんの感動と物語をお届けします。
    オンラインショップではコーヒー豆はもちろん定期購買やTシャツなどのグッズもご用意しています!

  • イベント&コラボ

    「伝える、共有する。」

    ANYでは定期的に色々なイベントをしていきます。ナチュラルワインやメルボルンのローカルデザイナーを招待したり、トークイベントやワークショップ、教室など。 可能性は無限大。楽しいことに境界線なんてひきません。 こんな事やりたい!と思う方がいらしたら是非お声がけください。一緒に一生もんの物語を紡ぎましょう。